• Twitter
  • facebook
  • instagram

陸上競技部

陸上競技部

4年生の意地!好タイム続出で箱根選考激化!―第35回上尾シティハーフマラソン

2022年11月20日 埼玉・上尾運動公園陸上競技場 11月の肌寒い気候と曇り空、レースには抜群のコンディションといえる天候の元で3年ぶりに開かれた今季の上尾ハーフ。1週間前の世田谷ハーフに続き、箱根駅伝への選考レースの一環として、多...
陸上競技部

学内選考スタート!藤原監督「タイムよりも順位を重視」─第17回世田谷246ハーフマラソン

2022年11月13日 東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場 全日本大学駅伝から1週間、いよいよ箱根駅伝に向けての学内選考レースがスタートした。世田谷ハーフマラソンに中大からは下級生を中心に13人がエントリー。白川陽大(文1)と東海林...
陸上競技部

「大会前に負荷をかけすぎて…」万全でないチーム状況も連続シード死守 ─第54 回全日本大学駅伝対校選手権大会

2022年11月6日 愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮 学生三大駅伝の第二戦、第54回全日本大学駅伝対校選手権大会は2年連続のシード権獲得となる7位だった。当日変更で6区に起用された吉居大和(法3)が区間新記録の快走見せた一方で...
陸上競技部

三大駅伝連続表彰台へ 吉居大&中野翔の配置は「ほかの大学の動きを見て…」/監督会見─第54回全日本大学駅伝対校選手権大会

▲監督会見で話す藤原監督 ◆区間エントリー◆ 1区 千守倫央(商4) 2区 山平怜生(法2) 3区 吉居駿恭(法1) 4区 中澤雄大(経4) 5区 若林陽大(法4) 6区 東海林宏一(経2) 7区 湯浅仁(経3) 8区 阿...
陸上競技部

全日本駅伝展望 藤原監督「そろそろ優勝を見据えていきたい」ー第54回全日本大学駅伝対校選手権大会

三大駅伝2戦目、第54回全日本大学駅伝が11月6日に幕を開ける。愛知県・熱田神宮から、三重県・伊勢神宮まで、8区間106.8キロに及ぶレースに27校が出場。昨年9年ぶりに出場した中大は8位で本大会のシード権を獲得。また、先月行われた出雲駅伝...
陸上競技部

9年ぶりの出雲駅伝で3位表彰台 吉居大は区間賞「チームとして3位に入れたのが一番良かった」─第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走

▲笑顔でフィニッシュする吉居駿 2022年10月10日 島根・出雲大社~出雲ドーム  中大にとって9年ぶりの出雲全日本選抜駅伝競走(以下、出雲駅伝)で3位表彰台に輝き、目標の「3位以内」を達成した。出雲路のトップ3は2012年の第24回...
陸上競技部

出雲駅伝前日会見 藤原監督「非常に面白い駅伝になる」─第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走

▲記者会見で話す藤原監督 2022年10月9日 島根・ニューウェルシティ出雲(プレスインタビュー)/出雲市民会館(開会式) 出雲駅伝を前に関東7大学(青学大、順大、駒大、東洋大、東国大、中大、国学大)の監督による記者会見が開かれた。...
陸上競技部

出雲駅伝展望 藤原監督「どんなオーダーを組んでも5番以内」ー第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走

 三大駅伝の初戦となる第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)が2022年10月10日に開催される。出雲大社から出雲ドームまでの6区間、45.1キロのコースに20校が集結。今年1月の箱根で6位入賞を果たし、出雲駅伝の切符を手にした中大...
陸上競技部

【特集・菅平合宿から】「頂点を目指すチャレンジャー」として 三大駅伝、大躍進へ

▲菅平合宿のようす 2022年9月 長野・菅平高原 今季すでに10年ぶりの三大駅伝出場を決めている中大。例年とは違い、6月の全日本大学駅伝選考会や10月の箱根駅伝予選会へ合わせる必要のない夏を迎えた。今夏のテーマは「ハードワーク&a...
陸上競技部

出雲駅伝 “最後の刺激”で自己ベスト連発! 吉居兄弟そろって出場─アスレチックスチャレンジカップ 2022

2022年10月1日~2日 新潟・デンカビッグスワンスタジアム 日本グランプリシリーズ アスレチックスチャレンジカップ2022がデンカビッグスワンスタジアムで開催された。1日目は800mに金子魅玖人(商3)、5000mに吉居大和(法3...
陸上競技部

1500mでW表彰台 千守「チームに勢いを与えられた」ー第91回日本学生陸上競技対校選手権大会

▲W表彰台を決め、喜ぶ中野倫(左)と千守(右) 2022年9月9日~11日 京都・たけびしスタジアム 第91回日本学生陸上競技対校選手権大会、通称・日本インカレが行われ、中大は男子総合の対校得点が33点で9位だった。個人は男子800...
NO IMAGE 陸上競技部

【第171号掲載記事・陸上競技部】山平、関東インカレ3位表彰台!ハーフマラソンで快挙!ー第101回関東学生陸上競技対校選手権大会

2022年5月19〜22日 国立競技場 国立競技場にて開かれた第101回関東学生陸上競技対校選手権大会、通称関東インカレのハーフマラソンにおいて、山平怜生(法2)が3位に入った。中大に入学してから2年目の初夏、微睡(まどろ)んでいた臥龍(...
陸上競技部

千守が1500mで今季3度目の自己新 藤原監督「彼の復調はチームに大きな影響をもたらす」ー第5回早稲田大学競技会

2022年7月9日 織田幹雄記念陸上競技場 第5回早稲田大学競技会が9日、織田幹雄記念陸上競技場で実施され、中大は1500mと3000m、5000mに出場。トラックシーズンの総まとめとなる、ホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会(以...
陸上競技部

千守・中澤が区間新「収穫のあるレースだった」ー全国男鹿駅伝競走大会 

2022年6月25日 男鹿総合運動公園 令和4年全国男鹿駅伝競走大会が秋田・男鹿市の男鹿総合運動公園発着で開催され、中大からは2チームが出場。Bチームが5位、Aチームが3位で、Aチーム1区の千守倫央(商4)とBチーム2区の中澤雄大(経...
陸上競技部

金子魅玖人、800mで悲願の初Ⅴ!「率直にうれしい」─第106回日本選手権・第38回U20日本選手権

2022年6月9日~12日 大阪・ヤンマースタジアム長居 陸上の日本選手権が大阪・ヤンマースタジアム長居で開催され、800mで金子魅玖人(商3)が悲願の初優勝を遂げた。中大勢ではU20でも100mの藤原寛人(法2)が優勝を果た...