• Twitter
  • facebook
  • instagram

陸上競技部

陸上競技部

【ダイジェスト】写真とコメントで振り返る 第98回箱根駅伝タイムライン

1月2日,3日に行われた第98回箱根駅伝を、時系列で計51枚の写真と、監督と選手のコメントで振り返ります。各箇所の通過時間は目安。 1月2日 往路 30分前 1区・スタート地点 大手町 1区吉居大和(法...
陸上競技部

「来年、再来年は今年の結果で悔しいと思うチームになっていると思います」(監督・選手・主務・マネージャーコメント)─第98回箱根駅伝

2022年1月2日、3日 大手町~芦ノ湖~大手町 総合6位で10年ぶりのシード権を獲得した中大。今回は箱根駅伝直後の監督、出場選手、主務、マネージャーの声をお届けします。(構成:若林拓実、杉浦瑛俊) 結果記事 古豪復活...
陸上競技部

古豪復活 総合6位で10年ぶりのシード権獲得─第98回東京箱根間往復大学駅伝競走

ゴールテープを切る10区井上 ©関東学連/月刊陸上競技 2022年1月2日、3日 大手町~芦ノ湖~大手町 〈第98回 #箱根駅伝〉#中央大学 総合6位 10時間55分44秒 →10年ぶりにシード権を獲得。#真紅の襷に個を刻め #...
陸上競技部

《復路展望》経験者若林・中澤で総合5位を掴み取れるかー第98回箱根駅伝復路

2022年1月3日 東京箱根間往復大学駅伝競走 往路 6区 #若林陽大(法3) 7区 #居田優太(経2) 8区 #中澤雄大(経3) 9区 #湯浅仁(経2) 10区 #井上大輝 主将(法4) 往路を6位で終...
陸上競技部

吉居 15年ぶりの区間新に「とてもうれしい」 往路6位で折り返す─第98回箱根駅伝往路

1区スタート直後 ©関東学連/月刊陸上競技 2022年1月2日 東京・大手町~箱根・芦ノ湖 1区 ①吉居大和(法2)1時間0分40秒(区間新記録) 2区 ⑮手島 駿(商4)1時間8分52秒 3区 ⑦三浦拓朗(商4)1時間2分38...
陸上競技部

《往路展望》「区間賞宣言」吉居・三浦 15年ぶり戴冠なるかー第98回箱根駅伝往路

2022年1月2日 東京箱根間往復大学駅伝競走 往路 1区 吉居大和(法2) 2区 手島駿(商4) 3区 三浦拓朗(商4) 4区 中野翔太(法2) 5区 阿部陽樹(文1) いよいよ8時に箱根駅伝往路の号砲を迎える...
陸上競技部

箱根駅伝直前 2021年シーズンを振り返る

2022年1月1日  いよいよ明日、第98回箱根駅伝が開催される。今季は箱根駅伝総合5位に目標を据え、多くの記録会や大会で実力を発揮してきた。今回は本紙が取材してきた陸上競技部・長距離ブロックのようすで今シーズンの軌跡を振り返る。...
陸上競技部

箱根駅伝前、最後の実戦で吉居ら好走─第293回日本体育大学長距離競技会

2021年12月4,5日 日本体育大学横浜健志台キャンパス陸上競技場 箱根駅伝前、最後の実戦の場として各校の有力ランナーが日体大に集結。緊張感高まる環境の中、中大はエース吉居大和(法2)を筆頭に力強い走りとなった。 10000m...
陸上競技部

【第167号掲載記事】9年ぶりの伊勢路で悲願達成─第53回全日本大学駅伝

※「中大スポーツ」第167号1面の本文を掲載しております。 11 月 7 日 愛知・熱田神宮西門前~三重・伊勢神宮内宮宇治橋前(106・8 ㌔)◇8区間◇出場27チーム 古豪復活の序章か─。中大にとって、9 大会ぶりの出...
陸上競技部

箱根駅伝前哨戦 初開催・MARCH対抗戦で自己記録連発―MARCH対抗戦2021

2021年11月24日 町田GIONスタジアム ことし初めての開催となるMARCH5大学(明大、青学大、立大、中大、法大)の対抗戦が町田GIONスタジアムで開催され、10000m上位10人の合計タイムで青学大、明大に次ぐ3位と...
陸上競技部

強力ランナー相手にレース 吉居「力はついてきている」ー2021八王子ロングディスタンス

2021年11月27日 八王子市上柚木公園陸上競技場 毎年、オリンピック出場選手や実業団など、国内屈指のランナーが多数出場する本大会。中大からは10000m第6組に吉居大和(法2)が出場。序盤、飛び出す形でスタートを切った吉居だったが、後...
陸上競技部

「俺たちもやれる」 “泥臭さ”で勝ち取った10年ぶりのシード奪還劇(監督・出場全選手コメント)―第53回全日本大学駅伝

▲当日発行の本紙号外(写真提供・全日本大学駅伝事務局 ‎@daigaku_ekiden ) ◆大会結果◆ 総合結果 ①駒大  5時間12分58秒 ②青学大 5時間13分06秒 ③順大  5時間14分20秒 〈陸上...
陸上競技部

全員駅伝でつかんだ10年ぶりのシード 名門復活への第一歩踏み出すー第53回全日本大学駅伝

2021年11月7日 愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮 ようやくつかんだ9年ぶりの舞台で、名門復活を予感させるシード権を獲得した。エース 吉居大和(法2)を1区に投入する前半型のオーダーで臨み、7区 中澤雄大(経3)が10位から...
陸上競技部

区間エントリー発表 中野「区間賞を取ってチームを勢いづけたい」ー全日本大学駅伝展望

大学駅伝日本一決定戦が11月7日に号砲をむかえる。中大は6月に行われた選考会を5位で通過し、第44回大会(2012年)以来、9年ぶり28回目の出場。チームはシード圏内の「8位」を目標に掲げる。 全日本は愛知・熱田神宮から三重・伊勢...
陸上競技部

駅伝見据えた大会で好記録連発-第206回東海大学長距離競技会

2021年10月24日 秦野市カルチャーパーク陸上競技場 東海大学長距離競技会が秦野市カルチャーパーク陸上競技場で開催された。前日の予選会で箱根駅伝本戦出場を決めた勢いそのままに、この日も選手達が10000mと3000mで好走を見せた...