• Twitter
  • facebook
  • instagram

水泳部

水泳部

3年ぶりの水球部門開催の日中戦、勝利で飾るー日本大学・中央大学対抗戦水泳競技大会

2022年7月2日 東京・辰巳国際水泳場 3年ぶりの開催となった日中戦水球部門。日大は先日の学生リーグで一部リーグに昇格するなど、勢いに乗っているチームではあるが、中大は持ち前のディフェンスを武器に試合を有利に進め、後半日大に失点を許...
水泳部

接戦を制し入替戦を無事回避、5位決定戦へー関東学生水球リーグ戦(水球競技)対早大

2022年5月29日 神奈川・日本体育大学健志台キャンパス 昨年のリーグ戦では大敗を喫した早大相手に、負ければ2部への入替戦となる中大は持ち前のチームプレイを武器に試合を有利に運び、12ー10と接戦を繰り広げながらも見事勝利した。 ...
水泳部

【第167号掲載記事】圧巻の三連覇!パリ五輪に向け新ステージへ飛び込むー日本学生選手権水泳競技大会 

10月7日〜10月10日 東京辰巳国際水泳場 インカレ50㍍自由形で川根正大(法4)が三連覇を成し遂げた。主将として臨んだ川根は大会一種目目からチームに勢いを与え、昨年から順位を一つあげ男子総合4位に導く。また届かなかった東京五輪に出場し...
水泳部

ベスト8に終わるも、最上級生としての意地を見せつけるー第97回日本学生選手権水泳競技大会(水球競技)対筑波大

9月25日 柏崎アクアパーク 初戦は対戦校の棄権で不戦勝となり、準々決勝進出を決めた中大。目標としていたベスト4進出を懸けて、因縁のライバル・筑波大との1戦に臨んだ。 第1クオーター(Q)から攻め込むが、筑波大の巧みなパスカット...
水泳部

天皇杯奪還とはならずも入賞者続出-第97回全日本学生選手権水泳競技大会 最終日

2021年10月10日 東京辰巳国際水泳場 インカレ最終日。中大からは50㍍自由形で三連覇を成し遂げた川根正大(法4)、東京五輪日本代表の池本凪沙(法1)らが出場。川根は惜しくもタッチの差で優勝を逃したものの、力泳を見せ準優勝。池本は...
水泳部

5競技で入賞を果たすも、悔しさも滲んだ3日目-第97回全日本学生選手権水泳競技大会

2021年10月9日 東京辰巳国際水泳場 10月7日から続く大会は折り返しの3日目を迎えた。2日目までで多くの種目で入賞を果たし、男子部門では昨年の5位を上回る3位の位置につけた。注目の3日目でも男子1500㍍自由形での複数入賞をはじ...
水泳部

4×100㍍リレーで準優勝!チームの力を見せた大会2日目ー第97回日本学生選手権水泳競技大会

2021年10月8日 東京辰巳国際水泳場 10月7日から4日間にわたって開催されている日本学生選手権。2日目の8日は400㍍自由形を皮切りに5種目が男女それぞれで行われ、中大は4×100㍍リレーで昨年の3位を上回る準優勝を果たした。 ...
水泳部

川根50m自由形で3連覇!主将の力泳で中大最高の滑り出しー第97回日本学生選手権水泳競技大会

2021年10月7日 東京辰巳国際水泳競技場 4日間開催される日本学生選手権は花形種目である50m自由形で幕を開けた。中大からは川根正大(法4)が出場。一昨年から優勝を重ね、絶対王者として挑んだ川根は今年も圧巻の泳ぎを見せ、3連覇を成し遂...
水泳部

【現役中大生オリンピアン特集2】「勇気を与えることがスポーツマンとしての意味」/池本凪沙が語る東京五輪、そしてパリ五輪への思い

東京五輪が閉幕して1ヶ月。振り返ると57年ぶりの自国開催はコロナ禍の影響で史上初の1年延期、無観客開催と異例づくしの大会となった。そんな中でも戦い抜いた17日間は若きアスリートの活躍が大いに目立った。その1人が水泳女子800m自由形リレーに...
水泳部

一進一退の攻防で最後まで粘るも、及ばずにリーグ戦を6位で終えるー2021年度関東学生水球リーグ戦 対専大

2021年8月14日 会場非公開 11日の日大戦で劇的な勝利を収め、待ちに待ったリーグ戦初勝利を掴んだ中大。勝利によって自信をつけた中大は、勢いそのままに5位決定戦に臨んだが、あと一歩届かず6位に終わった。 雨が降る中で始まった...
水泳部

チーム全員で掴み取ったリーグ戦初勝利!ー2021年度関東学生水球リーグ戦 対日大

2021年8月11日 会場非公開 ここまで白星なしと厳しい展開が続く中大。何としてもリーグ戦初勝利を掴むべく、チーム一丸となってライバル・日大との1戦に臨んだ。 第1ピリオド(以下P)は竹村翔太郎(文3)の素早い攻撃で先制に成功...
水泳部

チーム一丸となったプレーで奮闘するも、悔しい敗戦ー2021年度関東学生水球リーグ戦 対慶大

2021年7月4日 非公開 ここまで2戦を落とし、リーグ上位を目指すためにもこれ以上の黒星は避けたい中大。リーグ戦初勝利を掴むべく慶大との一戦に臨んだ。 序盤から怒涛の展開となった。第1ピリオド(以下P)開始早々に慶大に先制され...
水泳部

接戦も最終ピリオドで勝ち切れず、連敗を喫すー2021年度関東学生水球リーグ戦 対筑大

2021年6月13日 会場非公開 前日の開幕戦で早大相手に敗北を喫した中大。2戦目は昨年のインカレで大敗した筑大との一戦。昨年のインカレでのダブルスコアで敗北という雪辱を晴らすべく、総力戦で戦いに臨んだ。 第1ピリオド(以下:P...
水泳部

2年ぶりのリーグ戦に挑むも黒星スタートを切るー関東学生水球リーグ対早大

2021年6月12日 非公開 昨年は感染症による影響でリーグ戦中止を余儀なくされ、公式戦が秋のインカレだけで終わった中大。インカレの雪辱を誓い、練習を重ねてきた中大は2年振りとなるリーグ戦に臨んだ。そして迎えた早大との開幕戦。何度も練...
水泳部

インカレ後インタビュー―川根正大(法3)・大西翼(経3)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、主要大会が次々と中止となった2020年。先月開催されたインカレは選手たちにとって約半年ぶりの大会となった。感染拡大予防を徹底した上で開催に至った今大会は様々な面で規制があったという。そのような異例な大会...