• Twitter
  • facebook
  • instagram

ハンドボール部・4年生特集(第5回、6回)

◆今年もやります!~4年生特集~◆

昨年度に引き続き、チームを支える4年生を紹介するこの企画。第5回と第6回は同じ文学部に所属する大川拓哉(文4)選手と神里大希(文4)選手です! この企画初の対談形式でお話をうかがいいました!

▲秋リーグ閉会式後の4年生集合写真

 

―ハンドボールを始めたきっかけを教えてください

大川「自分は兄の友人に誘われて始めました」

神里「自分はお父さんがやっていて、小さいころからハンドボールはやっていました」

―中央大学を選んだのはなぜですか

神里「自分は高校の先輩が中大にいて、その先輩からいろいろと話を聞いていいなと思ったので決めました」

大川「自分も高校時代にお世話になっていた先輩が中大のハンドボール部に入っていて、その先輩から『中大いいよ』と薦めて頂いたので中大を選びました」

ー今年はどんなチームだと感じていますか

大川「ずば抜けた選手はいないけど、ベンチにいる控えメンバーも能力があって、チームの層が厚いなと感じています」

神里「僕も今年のチームの目標が『全員で勝つ』なので、その言葉通り層が厚くてみんなで戦っているという印象が強いですね」

―同期の皆さんはどのような存在ですか

大川「自分はけがしてたんですけど、そういうときにも励ましてもらったりとか、膝の手術したときは同期のメンバーに声をかけてもらって気持ちが楽になったりとか、言葉にするのは難しいですけど仲のいいすごくいい同期です」

神里「家族みたいな感じですね。4年間も一緒にいると機嫌良いときとか悪いときとかも分かりますし」

大川「いやーむずっ(笑い)。」

―あなたにとってハンドボールはどんな存在ですか

大川「これも難しいな(笑い)。どんな存在やろ…。~(長考)~ 今の自分を作ってくれたものかな。」

神里「自分は人生ですね」

大川「確かに。小学生の時からやってるからそのものだと思います」

神里「ハンドボール中心に進路とかも決めてきてるし、人生そのものですね」

―最後に、中大に来て思い出に残っている試合を教えてください

大川「1年生の時にインカレで3位に入った試合はすごく印象に残ってます」

神里「自分は1回戦で負けてしまいましたけど、去年のインカレですね。」

▲神里選手の好きな言葉は「中学の先生からかけてもらった言葉で大切にしている」という、『追及』だ。

▲大川選手の好きな言葉は『苦しい時こそがんばる』。「高校時代のチームのスローガンでした」。

 

インカレまで約1カ月。一昨年、昨年の悔しい思いを晴らすべく臨むこの大会が4年生にとって最後の大会となります。『全員ハンドボール』を支える4年生の活躍に注目です!