• Twitter
  • facebook
  • instagram

悔しいベスト16敗ー全日本学生柔道優勝大会

6月22、23日 日本武道館

昨年の全日本学生柔道優勝大会でベスト8入りを果たした中大は1回戦の清和大戦では2代―2で勝利し、続く愛知大戦でも5―0で勝利を収める。しかし3回戦の早大戦では序盤優位に立つも最後は内容の差で惜しくも敗れ、ベスト16でこの大会を終えた。

1回戦
初戦の相手は関東地区代表の清和大。試合は2―2のまま勝敗がつかず代表戦にもつれ込むもなんとか勝利し、辛くも1回戦を突破する。

技を仕掛ける小竹守(法1)

2回戦
相手は東海地区を勝ち抜いてきた愛知大。中大は先鋒の小竹がなかなか攻めきれず引き分けに終わってしまう。しかし次鋒の和泉川武蔵(経2)が優勢勝ちを収めると、そこから勢いに乗った中大が破竹の4連勝で最終的に5―0で勝利し、ベスト16進出を果たした。

最後のインカレとなった黒田悠正(経4)

3回戦
昨年と同じベスト8入りをかけた1戦は東京学生柔道優勝大会でも対戦している早大だ。試合はまず先鋒の岩崎恒紀主将(法4)が優勢勝ちを収め幸先の良いスタートを切ると、3番手の小竹が見事な一本勝ちで中大が優位に試合を進める。しかし4番手の後藤昌毅(法4)が一本負けを喫すると、続く和泉川も一本負けで2―2となり内容の差でわずかに中大が不利な状況に。最後は両者互いに譲らぬ緊迫した展開となるも最終スコアは2―2のまま変わらず惜しくも早大に敗れた。早大戦後うなだれる選手達

これまで主力としてチームを引っ張ってきた岩崎や後藤が4年生となり、ベスト4進出に向け十分な戦力が整っていた中大だったが、東京学生柔道優勝大会で勝っている早大にまさかの敗戦。去年のベスト8を下回るベスト16で今大会を終えてしまった。絶対的な主力が今大会で最後の4年生だっただけにこの結果は痛いものだろう。しかし1年生の小竹が躍動するなど新戦力が台頭してきている。来年こそはベスト4進出を果たせるよう生まれ変わった中大柔道部に期待したい。

大会結果

一回戦
○中大2代―2清和大●

二回戦
○中大5―0愛知大

三回戦
●中大2―2早大○(内容の差)

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部