• Twitter
  • facebook
  • instagram

投打がかみ合い接戦をものにする!開幕カード2連勝!!—東都大学野球春季リーグ戦 対立正大2回戦

2021年3月31日 神宮球場

チーム 123 456 789=R H E

中 大 220 000 000=4 2 0

立正大 010 000 010=2 8 0

[中]石田裕、皆川、大栄、西舘ー古賀

[立]門馬、土屋、田中裕ー須藤

[本]なし

◆スタメン◆

1[遊]中川 拓紀(商4=宇治山田商業)
2[指]齋藤未来也(商3=関東第一)
3[二]石井  巧(文2=作新学院)
4[中]森下 翔太(商3=東海大相模)
5[捕]古賀 悠斗(法4=福岡大大濠)
6[三]中前 祐也(法2=浦和学院)
7[一]北村 恵吾(商3=近江)
8[右]中田 悠斗(経4=藤枝明誠)
9[左]佐伯 和希(経2=岩国)

P   石田裕太郎(経2=静清)

ついに開幕した春季リーグ戦。開幕カードの相手は昨秋のリーグ戦で2連敗を喫した強敵立正大だ。1回戦では投打で圧倒し11ー0と快勝。幸先のいいスタートを切った中大硬式野球部は勢いのまま開幕2連勝を懸けて2回戦に挑んだ。

初回、先頭打者の中川と2番齋藤がともに四球を選び無死一、二塁のチャンスを作ると、さらに一死から森下も四球で出塁し、満塁の場面で迎える打者は主将の古賀。「キャプテンとして自分がチームを勢いづけようという気持ちで打席に立った」という言葉通り、ライト前に適時打を放ち1点を先制。続く中前も犠牲フライで1点を追加し、初回に2点を奪うことに成功する。

初回、先制のタイムリーを放つ古賀

1回裏、中大の先発のマウンドにはこれがリーグ戦初先発となる石田裕が上がった。先頭打者にレフト前ヒットを打たれると、さらに四球とヒットで二死満塁のピンチを招くものの6番神頭(立正大)をセンターフライに打ち取りこの回を無失点で切り抜ける。

さらなる追加点が欲しい打線は2回、2つの四球に佐伯の盗塁も絡み二死一、二塁のチャンスを作り出すと、石井が初球をレフト前に運び2点を追加。しかし直後の裏の守り、死球で先頭打者を出すと、二死から1番奈良間(立正大)に適時打を打たれ1点を献上。2回までで4ー1とした。

リーグ戦初先発となる石田裕

3回以降は2回途中から登板した土屋(立正大)、石田裕に代わって5回からマウンドに上がった皆川喬涼(法4=前橋育英)の両投手が安定した投球でスコアボードに0を刻んだ。試合が動いたのは8回裏。死球で出したランナーをワイルドピッチで二塁まで進められると4番の桂川(立正大)に適時二塁打を浴びて1点を奪われる。続く小林俊(立正大)に四球を与えたところで皆川は降板。代わった大栄陽斗(商2=仙台育英)が後続を打ち取りこの回を最小失点で切り抜けた。

▲9回にヒットを打つ中川

迎えた最終回、中川が中大に2回以来のヒットをもたらすものの得点には結びつかず。その裏、立正打線に一死満塁と一打逆転の場面を作られると、チームの勝利が懸かるマウンドは西舘勇陽(法2=花巻東)に託された。両チームのボルテージが最高潮となる中、梶原(立正大)を三振に切って取ると、続く佐々木(立正大)をファーストゴロに打ち取り試合終了。固唾をのんで見守っていた選手達は喜びを爆発させ、西舘を笑顔で出迎えた。

勝利に喜ぶ選手達

試合後清水監督は「はじまりを大切にいこうと話していたので、最初の1カード目で2つ勝てたというのはいいスタートが切れた」と開幕カードを振り返った。次のカードでは優勝を目指し、昨季の王者・亜細亜大に挑む。

◆試合結果◆

中大4-2立正大● (中大2勝)

 

お知らせ

次戦は4月5日に9時から神宮球場にて行われる対亜大1回戦です。

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部