• Twitter
  • facebook
  • instagram

開幕5連勝!「負けないチーム」の快進撃!ーー東都大学野球春季リーグ戦 対青学大1回戦

2021年4月12日 神宮球場

チーム 123 456 789=R H E

中 大 011 003 202=9 10 0

青学大 030 100 000=4 6 2

[中]石田裕、高橋晴、大栄、西舘ー古賀

[青]松井、森圭、常廣、北村、金城ー山中

[本]〈中〉古賀(3回1点)

◆スタメン◆

1[二]石井  巧(文2=作新学院)
2[遊]中川 拓紀(商4=宇治山田商業)
3[捕]古賀 悠斗(法4=福岡大大濠)
4[右]森下 翔太(商3=東海大相模)
5[三]中前 祐也(法2=浦和学院)
6[一]北村 恵吾(商3=近江)
7[指]高橋 隆慶(文2=明秀日立)
8[中]中田 悠斗(経4=藤枝明誠)
9[左]佐伯 和希(経2=岩国)

P   石田裕太郎(経2=静清)

 

今季から一部に昇格した青学大との注目の初戦。先発の石田裕は4回4失点と苦しんだが、3回の古賀主将の本塁打や継投した高橋晴の好投など4年生が流れを変えると、相手の隙を見逃さない攻撃で後半に大量得点を重ね、9-4で青学大を制した。

 

 

先発の石田裕太郎は今季2度目の先発。緩急を交えた投球で、初回をテンポ良く三者凡退に抑える。2回表に中大は、北村の中前打、髙橋隆の四球で、いきなり無死一、二塁のチャンスを迎える。続く中田が三塁線ギリギリに正確なバントを決めると、三塁手が一塁に悪送球。その間に二塁走者の北村が一気に生還し、幸先よく中大が先制する。だが、その裏に石田裕が青学の中軸打線につかまると、4連打などで一挙に3点を失い、追う展開となる。

しかし、すぐさま中大の反撃が始まる。まずは3回表に古賀主将が左翼席本塁打を放ち、一点差に追いつく。

 

▲「まっすぐを狙っていった」と会心の一振りでチームを勢いづけた

 

5回には石田裕に代わり、4年生右腕の髙橋晴(商4=関東第一)が19年春以来2度目のマウンドにあがる。「確実に三人で抑えて、流れを持ってくるのを今日の目標にしていた。強打者が多いので、三振よりも打たせて取ることを意識した」と得意球のツーシームで納得のいく投球ができた。高橋晴は4年生にして、公式戦初勝利を手に入れた。

 

▲センターを守る中田が掛けた「流れをつくろう」という言葉に応えるかのような好投だった

 

流れを取り戻した中大は、6回からいつもの強力打線が再始動する。中前が安打で出塁すると、北村が1球で送りバントを確実に決める。まずは1点が欲しい今日一番の山場で打席には好調の髙橋隆が立つ。カウント2-2から振り抜いた打球は、中越三塁適時打。清水監督も期待を寄せる髙橋の一振りで同点に追いつく。さらに投手の暴投などもあり、この回合わせて3点を入れ、逆転に成功した。

 

6、7回は大栄陽斗(商2=仙台育英)がどちらも安定した投球で三者凡退に抑え、攻撃へと弾みをつけた。続く7回の攻撃では、先頭の中川が一塁側に絶妙なプッシュバントを決め出塁すると、相手投手の牽制球が乱れた隙を狙って、三塁に進塁する。さらに、森下と中前が中越三塁打と犠飛で続き、2点を追加する。9回にも投手の暴投などで2点を獲得し、9-4と青学大を突き放した。そして迎えた最終回は8回途中からマウンドにあがった西舘勇陽(法2=花巻東)が圧巻の投球で締めくくり、開幕から負けなしの5連勝を飾った。

 

 

今日の試合のように、追う展開となっても、それを感じさせないベンチの明るさが今年の強者・中大を印象づけているとも言えよう。古賀主将も「相手の雰囲気に左右されず、自分たちらしさを貫けるところが負けない要因」と振り返ったように、チームワークを活かし、全員野球で掴み取った5勝目だ。

 

▲ベンチからの熱い声掛けがチームの躍動につながっているに違いない

 

◆試合結果◆

○中大9ー4青学大●(中大5勝0敗)

 

◆お知らせ

次戦は4月16日に14時から神宮球場にて行われる対青学大2回戦です。

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部