• Twitter
  • facebook
  • instagram

レスリング部

レスリング部

阿部が「目標に掲げていた」明治杯で準優勝!―明治杯令和4年度全日本選抜レスリング選手権大会

2022年6月16~19日 駒沢体育館 世界選手権代表の座を懸けて全国から実力者が集まる明治杯に中大から4人の選手が出場した。大場哉音(文3)、窪田大羅(経3)、出頭海(法3)の3人は初戦黒星。阿部光(経3)がその厳しい戦いの中勝ち進...
レスリング部

【第167号掲載記事】出頭が「リベンジ」果たし、中大として3年ぶりのインカレ優勝!ー全日本学生レスリング選手権大会

10月13~14日 全日本学生レスリング選手権大会 東京・駒沢体育館 駒沢体育館で全日本学生選手権が行われ、フリースタイル125㌔級で出頭海(法2)が優勝した。中大在籍選手のインカレ優勝は尾形颯氏(令2卒)以来3年ぶり。上級生にひるむ...
レスリング部

「常にチャレンジャーの気持ちで」優勝つかむ─東日本学生選手権秋季大会

2021年11月23日~25日 駒沢屋内球技場 11月23日から3日間、駒沢屋内球技場で東日本学生選手権秋季大会が行われた。中大からは新人戦で5人、選手権の部で3人の計8人が表彰台に乗った。 ▲相手を場外に押し出そうとす...
レスリング部

4年生、時田が怪我を抱えながらも意地の3位入賞ー内閣総理大臣杯全日本大学選手権

2021年11月13・14日 足利市民体育館 内閣総理大臣杯全日本大学選手権が足利市民体育館で行われ、61㌔級で時田隆成(商4)が3位表彰台、125㌔級で出頭海(法2)が5位入賞を果たした。大学別の得点では、中大は9.5点を獲...
レスリング部

石原、髙橋がインカレでベスト8ー全日本学生選手権(グレコローマンスタイル)

2021年11月4・5日 キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター 今年はインカレが異例となる分散開催となり、グレコローマンスタイル競技はフリースタイル競技から約3週間遅れで山口県にて開催。中大からは二人がベスト8に入る戦いを見せた。...
レスリング部

出頭が中大3年ぶりのインカレ優勝、「リベンジ」果たすー全日本学生選手権(フリースタイル)

2021年10月13・14日 駒沢体育館 全日本学生選手権(フリースタイル)が駒沢体育館で行われた。昨年は開催されなかったインカレ。今年も一度は中止になったが延期開催された。コロナウイルスの影響で部が練習を再開したのはつい3週間前。そ...
レスリング部

【第166号掲載記事】敗戦を糧に強さ示して優勝飾るー東日本学生春季選手権

▲決勝戦で相手と組む武藤 ※「中大スポーツ」第166号終面の本文を掲載しております。 2021年6月23日~25日 駒沢体育館 東日本学生春季選手権が駒沢体育館で行われ、武藤翔吾主将(法4)が選手権の部フリースタイル1...
レスリング部

11個のメダルを獲得! 武藤主将「僕が優勝しないと示しがつかない」ー東日本学生春季選手権

2021年6月23日~25日 駒沢体育館 東日本学生春季選手権が駒沢体育館で行われ、中大からは多数の選手が出場。新人戦と選手権を合わせて計5種目で優勝し、今年度初の学生規模の大会で順調な滑り出しを見せた。 ▲技をかける大場哉音(...
レスリング部

全国舞台に苦戦の連続 入賞者輩出ならずー明治杯全日本選抜選手権

2021年5月27~30日 駒沢体育館 明治杯全日本選抜選手権が2年ぶりに開催され、中大からは5名の選手が出場。社会人を含めた強豪選手との一戦に臨んだが、白星をあげられたのは出頭海(しゅっとう・かい、法2)のただ一人のみ。全国大会を舞...
レスリング部

レスリング部・天皇杯全日本選手権後インタビューー村島克哉(法2)、出頭海(法1)

12月17~20日の4日間にわたって行われた天皇杯全日本選手権(天皇杯)。今年の天皇杯は新型コロナウイルス感染拡大防止策として、出場選手を各階級8人に絞っての開催となった。中大からは選考の末、フリースタイル79㌔に村島克哉(法2)、フリース...
レスリング部

苦戦を強いられた大坂の陣 次大会で巻き返しを図るー全日本大学選手権

11月7・8日 東和薬品RACTABドーム 戦いなれた東京・駒沢ではなく、大阪で行われた今大会。前回に引き続き8名の選手が今年初となるフリースタイルでの戦いに挑んだ。「3位入賞、もちろん優勝者も出したい」(山本監督)と目標を掲...
レスリング部

石田、山中の4年生コンビが3位表彰台ー全日本大学グレコローマン選手権

10月15・16日 駒沢体育館 大学レスリング界で今年度初の大会となる全日本大学グレコローマン選手権が開催された。大会が始まる約2週間前に、一定数の人数を寮に呼び戻して練習を再開させた中大。今大会には8名の選手が参加し、67㌔...
レスリング部

「次の世代へしっかりとバトンをつないでいきたい」ーオンライン取材企画・レスリング部

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、明かりが消えたスポーツ界。大学スポーツも開催予定だった各大会の中止や延期といった影響を受けています。4年間というタイムリミットがある大学スポーツ。このような出口が見えない状況の中、大学生アスリートたちはどの...
レスリング部

総勢11人が出場! 山根が3位に輝くも、高かった全国の壁ー天皇杯全日本選手権

12月19~22日 駒沢体育館 参加資格を獲得したものだけが出場を許される天皇杯全日本選手権(天皇杯)。中大からは11人の選手が参加資格を満たして挑んだ。フリースタイル92㌔級の山根光司(法4)が3位に輝くも、その他に表彰台を上った選...
レスリング部

山中が春に続き優勝 八木は準優勝に終わるー東日本学生レスリング選手権大会(秋季大会) 選手権の部

11月27日 駒沢屋内球技場 東日本秋季選手権最終日は3、4年生のみが出場できる選手権の部が行われた。グレコローマンスタイル97㌔級では山中彬(経3)が優勝。フリースタイル79㌔級の八木海里(理工3)は梅林(早大)に敗れ、準優勝に終わ...