• Twitter
  • facebook
  • instagram

長距離出場全種目入賞! 短距離も表彰台続出─第101回 関東学生陸上競技対校選手権大会

2022年5月19日~22日 東京・国立競技場

4日間に渡って行われた関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)。建て替え後の国立競技場では初めての開催となった今大会に、中大は短距離と長距離ともに多くの選手が出場。800mの金子魅玖人(商3)の準優勝を筆頭に、ハーフマラソンでは山平怜生(法2)が3位に入るなど随所で中大の活躍が目立ち、長距離ブロック出場全種目で入賞を果たした。

最高気温27度、快晴の中で行われた初日。10000mには若林陽大(法4)、湯浅仁(経3)、阿部陽樹(文2)が出場。強豪学生ランナーが集う中、ともに好成績を残した。

序盤からあまり動きがないレースも、カマウ(国士大2年)が4000m付近で飛び出すと混戦に。5000mを14分23秒で折り返すと先頭集団は7000mあたりまで団子状態。その中でも阿部がしっかりと先頭集団でレースを進める。湯浅と若林も安定したレース運びで後に続くと、湯浅は9000m手前で仕掛け、一気にスパートをかけトップに。しかしラスト1周で失速、9位でフィニッシュした。今大会を上半期1番大事なレースと位置付けた湯浅は「レース内容はほぼイメージ通りだったが、まだ他大の強い選手達に肩を並べられないと思いました」と振り返った。

▲8位入賞を果たした阿部

序盤から安定して先頭集団でレースを進めた阿部は8位で入賞。「まだ自分の課題であるラストスパートというところが自分よりも上位入賞した選手に劣っていると思う。ただ中間でペースのアップダウンがあり、冷静に対応できてしっかりと良い位置でレースを進められた」と振り返った。

2日目に決勝が行われた短距離種目では、110mHの宮崎匠(法3)と100mの藤原寛人(法2)がそれぞれ6位、5位で入賞。また400mでは森周志(法4)が自己記録を更新し、3位で表彰台を勝ち取った。「それこそ死ぬ思いした練習とかもあって、でもこうして結果に繋がっている。フォームだけじゃなくて根性面の部分も鍛えて結果を出せました」と振り返り、日本選手権へ向け意気込んだ。

▲フィニッシュラインへ飛び込む森

1500mでは千守倫央(商4)と中野倫希(経2)が決勝に出場。先頭集団の中ほどでレースを進めると、千守はラストで追い抜き自己記録を更新。8位入賞となった。

3日目は男子800mでは前回大会で優勝を果たした金子が予選、準決勝に出場。予選を組トップで通過し迎えた準決勝では、ラスト100mで一気に先頭に立ち、1:50.22でフィニッシュ。終始余裕のある走りをみせ、最終日の決勝へ確実に駒を進めた。男子4×400mでは4走の森が4位でバトンを受け取ると、その後怒涛(どとう)の追い上げをみせ2位でフィニッシュ。決勝に向けて弾みがつくレースとなった。

4日目は多くの決勝種目が行われ、入賞や表彰台に立つ選手が続出した。ハーフマラソンでは入賞を目指す山平が「正直、表彰台を取れるとは思っていなかった」と序盤からの積極的な走りで3位。

▲表彰台で笑顔を見せる山平

前日の予選を通過した3000m障害では、浦田優斗(経2)が4位、大澤健人(文3)が7位で入賞。浦田は表彰台まであと一歩というところに「さらに上を見られるようになったと思います」とさらなる高みを目指す。

▲結果を知らせる大型ビジョンを見つめる浦田

800mでは世界陸上を目指す金子が決勝へ。終始先頭でレースを進めると「600mまでは設定通り上手くできた」と後を寄せ付けない展開に。しかし最後の直線、学生個人でも後塵を拝した松本純弥(法大4年)に抜かれ準優勝となった。「悔しいですがやれることは全てやったので、切り替えて頑張っていこうと思います」と来月の日本選手権に加え、標準記録突破を目指していく。

▲スタート時の金子

2日目の予選を危なげなく通過した5000mの中野翔太(法3)は「敵は三浦くん(龍司、順大3年)だけだと思ってやろうと思いました」とオリンピアンに照準を合わせた。スタート以降、三浦を先頭に中野翔は3~5番手を維持。4000mを通過したあたりで松永伶(法大3年)が仕掛けると先頭集団は混戦に。三浦はラスト1周の鐘を聞くと観客がどよめくラストスパートで一気に松永を抜きトップへ。「三浦選手で反応した人たちは足を使っていて動いていなかったので、自分はしっかりと最後の100mだけに絞って、スパートかけて上手く抜かすことができた」と中野翔は最後の直線で5番手から一気に3位となりフィニッシュした。

「3位を取れたのは良かったのですが、三浦くんにもうちょっと抗えたらなと思いました」と振り返った中野翔。今夏は5000mで13分20秒台も視野に入れ、10000mでも記録を狙っていく。

▲レース中の中野翔

関東インカレ最後の種目となったマイルリレー。前日の予選を2位で通過し迎えた決勝。中大は1,2走を5番手でバトンパスすると、3走の稲川慧亮(法2)が2番手まで順位を押し上げる。最終走者の森はバトンを受け取ると徐々に加速し、残り200mの手前でトップに立った。しかし、最後の直線で東洋大と法大に追い上げられ3位となった。森は「このメンバーで関カレを戦えたこと、メダルを取れたことは素直にうれしい」と振り返ったうえで「多くの人に支えられて選手でいられる。そのような方々の期待に応えることができるようにこれからも頑張ります」と感謝を口にした。

▲表彰台でポーズをとるマイルリレーの選手たち

振り返れば、長距離ブロック出場全種目で入賞を果たした中大。短距離ブロックも多くの選手が表彰台に立ち存在感を見せつけた。今季は全日本大学駅伝の選考会もなく夏へと突入する。日本選手権に出場する選手やこれからの駅伝シーズンで結果を残すため、練習を積んでいく。

◆大会結果◆

5月19日
男子110mH 予選1組
②宮﨑匠 (法3)14.01

男子100m 予選3組
①藤原寛人(法2)10.42
4組
②山本未来(法4)10.64
5組
⑥藤井和寿(法2)10.65

男子400m 予選2組
③西山雄志 (法1)47.74
3組
②森周志 (法4)47.18
4組
②稲川慧亮 (法2)46.99

男子1500m 予選1組
③中野倫希(経2)3:50:97
2組
③千守倫央(商4)3:52:46
⑦山田俊輝(経3)3:48.25

男子4×100m 予選2組
③39.24
宮崎匠(法3)
藤井和寿(法2)
藤原寛人(法2)
山本未来(法4)

男子400m準決勝1組
⑥稲川慧亮 (法2)47.75

男子400m 準決勝2組
③森周志(法4)47.45
⑥西山雄志 (法1)48.24

男子10000m 決勝
⑧阿部陽樹 (法1)28:50.23
⑨湯浅仁 (経3)28:54.63
⑭若林陽大(法4)29:13.07

5月20日
男子110mH 準決勝2組
④宮崎匠(法3)14.15(+0.2)

男子100m 準決勝1組
⑦山本未来(法4)10.60(+0.9)
2組
④藤原寛人(法2)10.46(−0.8)

男子1500m決勝
⑧千守倫央(商4)3:47.11
⑫中野倫希(経2)3:52.36

男子110mH決勝
⑥宮崎 14.04(-0.3)

男子100m決勝
⑤藤原 10.43(-0.2)PB

男子400m決勝
③森周志(法4)46.61 PB

男子4×100mR決勝
⑤中大(宮崎、藤原、藤井、山本)39.71

男子5000m予選
1組
⑦溜池一太(文1)14:01.98
⑰伊東夢翔(経1)14:53.08

男子三段跳決勝
⑥小松航(商3)15m45(-0.2)
⑪常泉光佑(文1)DNS

5月21日
男子400mH 予選3組
⑦麻生悠斗(経1) 53.10
1組
⑤中島陽基(法1) 52.49

男子800m予選1組
①金子魅玖人(商3) 1:52.13
3組
⑦吉田力(商2) 1:54.77

男子200m予選1組
⑧岩本康佑(法2) 22.03
2組
③三好涼太(商3) 21.26(-0.1)
3組
⑦壇上翔太郎(商1) 21.75(-0.3)

男子3000mSC
1組
②大澤健人(文3) 8:59.55
2組
⑤浦田優斗(経2)8:54.12 PB

男子800m準決勝
2組
①金子魅玖人(商3) 1:50.22

男子10000mw決勝
⑱平岡昌敏(法4) 45:23.69

男子4×400m予選2組
② 3:07.90
西山雄志 (法1)
稲川慧亮 (法2)
成澤秀人(経2)
森周志 (法4)

5月22日
ハーフマラソン決勝
③山平怜生(法2)1:02.48
⑬助川拓海(経4)1:04.29
㉔園木大斗(法3)1:05.30

200m準決勝1組
⑥三好涼太(商3)21.50

3000mSC決勝
④浦田優斗(経2)8:56.10
⑦大澤健人(文3)8:57.42

800m決勝
②金子魅玖人(商3)1:48.03

5000m決勝
③中野翔太(法3)13:48.01
⑲溜池一太(文1)14:04.99

4×400m決勝
③3:05.42
西山雄志(法1)
三好涼太(商3)
稲川慧亮(法2)
森周志(法4)

走り幅跳決勝
⑪常泉光佑(文1)7m22
金澤和志(商4)DNS

やり投げ決勝
⑫土屋健太郎(法3)60m70
⑮渡辺康太(経3)59m30

(記事:渡辺朗将、小幡千尋、杉浦瑛俊、写真:鈴木咲花、井口縁、若林拓実、古川紗菜、杉浦瑛俊)

Twitter(@chudaisports
Instagram(@chuspo_report