• Twitter
  • facebook
  • instagram

劇的同点弾も惜敗、インカレを3位で締めるー第68回全日本サッカー選手権 準決勝 対桐蔭横浜大

12月19日 NACK5スタジアム大宮

 

 

▼スタメン

GK 1飯吉将通(商3)

DF 3深澤大輝(経3)、6今掛航貴(経3)、18松本大輔(経3)、28荒木遼太(経1)→66分 12三ツ田啓希(経4)

MF 10加藤陸次樹(商4)、7宮城和也主将(法4)→89分 16髙岸憲伸(文2)、14小野智史(経4)

FW 11本間椋(経3)→72分 31太田翔(文4)、25高窪健人(文3)→55分 9小山駿(経4)、26鈴木翔太(文1)→82分 19三浦立(経3)

 

 

▼試合結果

●中大1−3桐蔭横浜大○
得点者:9小山駿(90分)

 

準々決勝を6得点で快勝し勢いに乗る中大は、桐蔭横浜大と決勝進出を争い熱戦を繰り広げた。

大久保智明(経3)が怪我、中村亮太郎(経4)が累積警告で試合を欠場し、主力を2人欠いて臨むこととなったこの試合。中大は序盤、サイドを起点に攻撃を組み立てようとするも、相手のダブルボランチの速いプレス、高い運動量に苦戦を強いられる。数的不利の場面からボールを奪われ、競った後のセカンドボールも中々拾うことができず桐横大の時間が続いた。前半14分、裏を狙ったロングボールにうまく体を入れ替えられて一対一の場面を作り出されるも飯吉がファインセーブ。その直後にはロングボールの折り返しからのシュートをディフェンス陣が決死のブロック。さらに同20分、相手の鋭いクロスからのヘディングシュートを飯吉がまたもファインセーブ。飯吉のビッグセーブで決定機を阻止し、なんとか桐蔭大の猛攻を凌ぐ。しかし迎えた前半21分。ピンチを防いだ直後のコーナーキック。一度はゴール前からボールをはじき出すも高さのあるロングボールの折り返しを押し込まれ失点。先制点を奪われ、前半を0−1、1点ビハインドで折り返す。

前半を通して守備に回る時間が多かった中大だが、「落ち着いて」、「大丈夫」と選手間で声を掛け合いながら動きを確認。前半の終盤には、前線の選手のパスワークからゴールに迫る場面も見られた。

 

▲球際での必死のディフェンス

 

なるべく早い時間帯に追いつきたい中大。後半に入ると、素早いサイドチェンジで攻撃の糸口を探った。疲れもあってか前半苦しんだ相手のプレスも遅れ始め、徐々に攻撃のリズムを掴み始める。後半15分、右サイドの崩しから荒木がシュートを放ちゴールに迫った。インサイドハーフで先発した加藤、宮城は守備、攻撃の両方でハードワークを見せ、いい距離感を保ちつつ、数的有利の場面を創出。同21分にはサイドバックの荒木に変え、センターバックの三ツ田を投入。アンカーの小野を一列下げて5バックを形成し勝負に出る。中大は随所でチャンスこそ作るものの、なかなかゴールに結びつけることができず。このまま試合終了かと思われた後半45分。小野の右サイドからのクロスを、途中出場の小山がオーバーヘッドで叩き込み起死回生の同点ゴール。試合は1−1の振り出しに。「勝ったと思った」(小山)その言葉通り試合は中大ムードで延長戦へ。

 

▲チームで円陣を組む様子

 

ベンチ前で円陣を組み、チームの結束を高め臨んだ延長前半。中大は劇的ゴールの勢いそのまま試合に入ったが、延長前半4分。左サイドからのクロスをヘディングで合わせられ失点。さらに、同10分にはクロスの折り返しを押し込まれ、試合を決定づける3点目を失った。試合は1−3で終了。7年ぶりにインカレ出場を果たした中大は、桐蔭横浜大に惜しくも敗戦。3位でインカレを終える形となった。

 

▲表彰式後、観客席に挨拶する宮城主将

 

主将の宮城は「負けてしまったが、楽しかった」と試合を総括。小山の同点ゴールについては「これまで結果が出ない時も一緒に苦労しながらやってきたから、(同点ゴールが)決まった時には本当に嬉しかった。」と涙ながらに振り返った。

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部